, ,

トレック ドマーネ AL3 ¥98,000(税抜)

Domane AL 3は、スムーズで安定性に優れ、走りに自信を与えるバイク。初心者や、多才なアルミロードにアップグレードして快適に走りたいライダーに最適だ。高品質のパーツなら、高速の集団走行に参加し、荒れた道をさまよう冒険にも挑むことができる。
¥98,000(税抜)
仕様
フレームセット
フレーム
100 Series Alpha Aluminum, DuoTrap S compatible, hidden fender mounts
フォーク
Domane carbon, hidden fender mounts
ホイール
フロントハブ
Alloy
リアハブ
Alloy
リム
Bontrager Affinity Tubeless Ready
タイヤ
Bontrager R1 Hard-Case Lite, 700x25c
最大タイヤサイズ
28cのボントレガータイヤ(フレームとのクリアアランスは最低4mm)
ドライブトレイン
シフター
Shimano Sora, 9-speed
フロントディレーラー
Shimano Sora
リアディレイラー
Shimano Sora
クランク
Shimano Sora, 50/34 (compact)
BB
Sealed cartridge
カセット(スプロケット)
Shimano Sora, 11-32, 9 speed
チェーン
Shimano Sora
ペダル
Wellgo nylon body w/alloy cage
コンポーネント
サドル
Bontrager Arvada Comp, steel rails
シートポスト
Bontrager, 2-bolt head, 27.2mm, 8mm offset
ハンドルバー
Bontrager Comp VR-C, 31.8mm
グリップ
Bontrager tape
ステム
Bontrager Elite, 31.8mm, 7 degree, w/computer & light mounts
ヘッドセット
Integrated, cartridge bearing, sealed, 1-1/8˝
ブレーキセット
Alloy dual-pivot
重量
重量
56cm – 9.74 kg / 21.47 lbs
体重制限
このバイクの重量制限(バイク本体、ライダー、装備含む)は275ポンド(125kg)です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連商品

  1. トレック ドマーネ AL2 ¥79,000(税抜)

    Domane AL 2は、快適なロードライドが楽しめる入門モデル。安定性、軽さ、カスタマイズ、走る楽しさに優れており、そのどれもが初めて本物のロードバイクを手にするライダーにぴったりだ。

  2. トレック Xキャリバー 8 ¥111,000(税抜)

    X-Caliber 8は、早く周回を重ね、トレイルでロングライドをするためのクロスカントリーバイク。性能に大きな差を生むパーツは慎重にチョイス。Shimano ドライブトレイン、RockShox フォーク、油圧ディスクブレーキは、シングルトラックで速く楽しい冒険をしたいマウンテンバイク初心者やXC レーサー向けである。

  3. トレック マーリン7 ¥70,000(税抜)

    Marlin 7は、レース入門用のマウンテンバイク。滑らかに動く軽量なRockShox フォークとワイドなギア比を搭載し、上級グレードのバイクにも負けない優れたパーツの付いたクロスカントリーハードテールが欲しいライダーに最適。

  4. トレック FX3 ¥72,000(税抜)

    FX 3は、ロードバイクのように速く走れ、シティーバイクの多用途さを持ち、フィットネスバイクの快適さを備えた働き者のクロスバイク。軽いAlpha Gold アルミフレーム、カーボンフォーク、高性能のドライブトレインが、通勤・通学からトレーニングまでの全てに、速さ、多用途さ、信頼性の高さをもたらす。

  5. トレック デュアルスポーツ2 ¥61,000(税抜)

    Dual Sport 2は、あらゆる路面で走りが輝くクロスバイク。舗装路では効率的で、砂利道では安定し、どこを走っても快適で、ラック、フェンダー、コンピュータなども簡単に取り付けられる。サスペンションフォーク、グリップ力の高いオールテレーンタイヤ、油圧ディスクブレーキにより、Dual Sport 2は滑らかな街の道路の向こう側を探検しに行きたいライダーのための賢い選択肢。

  6. トレック チェックポイント ALR4 ¥185,000(税抜)

    アルミ製のグラベルバイクである Checkpoint ALR 4 は、驚くべき対応力を発揮する。厳しい悪路や泥道を走れるように作られてはいるが、もちろん毎朝の自転車通勤も、何日間にも亘るライドも得意だ。この限界のないバイクはつまり、あらゆる道の先にある冒険へと開かれた扉でもある。

ページ上部へ戻る